リモートアシスタンスの設定方法


電話でのサポートの場合リモートアシスタンスというWindowsの機能を使用して、お客様のPC画面を見ながら、またご希望によってはこちらから操作のお手伝いをしながらサポートをすすめることができます。

こちらのページはリモートアシスタンス接続を確立する方法の解説ページですが、サポートの際は何度かPCを再起動させる必要が出て来ますので「簡単接続」という機能を説明します。


Windows8/8.1

日本語109キーボードの例です。今回はショートカットキーという操作を使用します。

Winキー+S (緑のキー)
この操作で検索が表示されます。
検索窓に msra と入力すると手のひらにマウスをのせたアイコンが表示されますので、そのうえで右クリック
し、タスクバーにピン留めするをクリックします。これでリモートアシスタンスがタスクバーからワンタッチで使用できるよ
うになりました。
タスクバーのリモートアシスタンスアイコンをクリックするとウインドが開きますので「信頼するヘルパーを招待します」をクリックします。
続いて「簡単接続を使用します」をクリックすると右のリモートアシスタンスのウインドが開きます。
パスワードが表示されている部分で右クリックするとパスワードのコピーというダイアログが表示されますので、ダイアログをクリックするとパスワードがコピーされます。

このダイアログは、そのまま消さないでおいてください。

できれば pc32910100@yahoo.co.jpあてのメールを作成しておいてください。

宛先: pc32910100@yahoo.co.jp
件名: 電話サポート(○○ ○○様 -ご自分のお名前を入れてください)
本文:
・リモートアシスタンスのパスワード・・・コピーしたものを張り付けるか、表示されているパスワードを正確に記入して
ください。例:MV44C5NVXVF6 など
・お客様のお名前・・・例:井上公敬 など
・当ショップがお電話を折り返すのにご都合のよいお客様のお電話番号・・・例:090-3265-6539 など
 (NTTドコモの携帯より通話定額で通話のできる番号をお願いします。通常0570からはじまる番号以外でした
らOKです)
・当社がお客様との連絡に使用して差支えないメールアドレス
接続を開始するとこのようなダイアログが出ますので「はい」をクリックします。
リモートアシスタンスの接続ができました。接続ができるとPCの背景が単色に変わります。
一度簡単接続が設定されるとこの画面のように相手先が登録されます。その後は、相手先を指定するとそれだけで接続ができますので大変スピーディーです

このような形で相手先が登録されますので2回目からはお互いに相手先を簡単に呼び出せるようになります。もち
ろん用が済んでしまえば簡単に相手先の登録を削除できます。



Windows7


最初にショートカットを作成する方法が少し違います。
スタートボタン → msra と入力 → msra.exe を右クリック → 送るをクリック  → デスクトップ(ショートカッ
トを作成) → デスクトップにショートカットができますのでWindows8/8.1と同様の操作をします。


Skypeを使用する


リモートアシスタンスの簡単接続や通常接続が環境により大変難しい場合があります。その場合、Skypeで接続後にお客様のパソコン画面を見せていただいて指示する場合があります。その際はお電話でお教えします。

デスクトップ用 Skype のダウンロード


当ショップのPCとスカイプで接続後に画面の共有という操作で、お客様のパソコン画面を見せていただくことになります。



inserted by FC2 system